看護学生がやるべき事は?現役看護師が求める事とは?

看護師になる為には、当然看護学校を卒業しなければなりません。

私の場合は、高校卒業後に都内の看護専門学校に入学して、3年間の学習過程を経て看護師になりました。

4年生大学を卒業する場合には、看護師の他に保健師資格を取得する為の権利も、得る事が出来ます。

現在は看護学科専攻の学校もあり、そういった進路を進む人は最短で高校の3年間と、看護専攻2年間の計5年で、国家試験を受ける事が出来ます。

 

どの学校を卒業したとしても、最後には国家試験という難題を、クリアしていく必要がある事は共通しています。

では、そんな看護学生に対して私達のような現役で働く看護師は、一体どのような事を求めているのでしょうか。

患者を看てほしい

大前提に医療従事者である以上は、最低限患者さんのご病気や、症状について理解しておく必要はあります。

しかし私たちの職業は看護師という文字に由来されます。

「手と目で患者さんを護る」と書いて「看護」です。

 

正直、解剖生理学や疾患の学習は、配属された病棟で十分に身に付けることが出来ます。

もちろん、国家試験を合格する為にはこういった学習は、必要不可欠です。

しかし、患者さんに寄り添い、理解しようとする姿勢は、むしろ学生時代にこそ構築されるものだと、私は考えています。

それではその他には、どのような事が挙げられるでしょうか。

実習こそ積極的に参加してほしい

私が学生の頃、実習先の病院へ行くと、いつも現場の看護師さんに気を遣っていた事を覚えています。

  • 忙しそうだから
  • 迷惑かけたくないから
  • なんだか怖そうだから

こんな事を思っては、なかなか話しかけられずに居ました。

 

しかし、いざ現場に出て学生さんと関わると、私達看護師は、もっと学生さんに話しかけて欲しいのです。

それには以下の理由が挙げられます。

  • 疾患や症状について、学生さんは分からなくて当然。だからこそ一緒に考えて理解を深めてほしい。
  • 看護師よりも学生さんの方が、一人の患者と接する時間が長い為、学生さんならではの気付きを共有して欲しい。

いざ逆の立場に立ってみると、自分が思っていたことと反対の気持ちになったんです。

また、ここ最近こんな事がありました。

「患者さんの何が知りたい?」

と学生さんに質問をなげかけた時に

「えっと、特にないです。」

そんな悲しい返答をされたんです。

看護学生さん!

実習こそ、看護の本質を理解するチャンスですよ!

まとめ

看護学生の頃は、学校のテスト、実習、記録、国家試験対策と、やることがいっぱいです。

だからこそ、何をしたら良いか分からなくなってしまいます。

 

しかし、皆さんがなろうとしているのは看護師であって、優秀な看護学生さんになりたい訳ではないですよね?

だからこそ、看護の基盤を構築する時期にこそ、患者さんを看る事が出来るナースになってほしいのです。

 

現場で働く看護師さんは、患者さんを知りたいという気持ちを持った、優しい学生さんを求めているんです。

あなたは手と目で護ることが出来る人ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です