あなたはこの先も今の病院で働き続けますか?

このまま今の病院で働き続けるのか?

そんな事を考え始めたのは、私が看護師4年目の頃でした。

当時私は一般病棟で勤務しており、チームリーダーや、新人教育責任者、プリセプターといった、看護師としてだけではなく、組織としての役割を与えられる立場になっていました。

 

このままこの病院で管理者や、エキスパートを目指す。

そんな事も思いながら、いつも頭の片隅には

「もっと良い環境があるのではないか。」

「違った環境で自分は更に成長出来るのではないか。」

「今の仕事量ならもっと給料が貰えるのではないか。」

そんな事を思っていました。

 

自分のキャリアはもちろんですが、綺麗ごとを抜きに、仕事に対して与えられる報酬って、とても大切な事ですよね。

ここであなたに大切な事をお伝えします。

今の病院に居続けなければいけない理由は、どこにもないのです。

自分にとって最良の働き方とは?

前記しましたが、看護師にはいくつかの働き方があります。

働き方

・現場で働く

・管理者になる

・専門、認定看護師になる

・教員になる

他にも例は沢山あると思います。

今あなたが置かれている状況は、この内のどれに当たるでしょうか。

 

多くの人は、環境の変化を恐れます

今の状況を失って、新しい環境を手にするか、安定した状況を維持するか。

この選択を迫られた時、半数以上の人は、現状を維持する事を選びます。

それも間違いではありません。

 

しかし、現状に満足しているかと聞かれると、やはり半数以上の人は

満足していない」と答えます。

 

この2つの回答は矛盾していると思いませんか?

つまり、満足のいく生活を手にするには、環境を変化させないといけないのは分かっているのに、満足の行かない現状を維持している。

という事です。

あなたにとって最良の働き方とはなんですか?

転職は難しい?

この問いかけに関する私の答えはノーです。

私は看護師4年目と5年目にそれぞれ転職をしています。

正確に言うと1回目の転職は、今の職場に入職するまでのお試し期間の様なものです。

理由を説明します。

 

私は新卒から働いていた大学病院を退職した後、派遣の看護師として働き始めました。

看護師は国家資格であり、国の病床数から換算すると、圧倒的に人材が不足している為、転職情報が実に豊富です。

 私も、ある看護師専門の派遣会社に登録して、職場を変えました。

その会社は、派遣会社でありながら、社会保険も完備しており、一般的な病院と同じ様に、自己負担金額は半額で良い所でした。

そして、初めて派遣として勤めた病院は、某市立病院でした。

 

整形外科での経験もあった私は、自分のスキルに見合った病棟に配属を希望し、その希望は100%確保されていました。

派遣看護師として働く為の流れは、また別の記事でお伝えします。

 

ここで私がお伝えしたいのは、実際に転職してみて、環境を変化するというハードルは、思ったよりもよっぽど低いという事です。 

むしろ、新しい環境に身を置くことで、これまでの自分では見られなかった価値観で、物事を捉えられる様になったり、こと看護業務で言えば、電子カルテと紙カルテの違いや、看護管理システムの違いから、それぞれの一長一短を見る事が出来た為、どちらか一方しか知らない状況よりも、価値観が広がったと感じる事が出来ました。

転職は、決して難しいものではありません。

まとめ

人は環境の変化を恐れます。

今の環境を失うことを、潜在的に回避しようとするからです。

しかし、新しい環境を手にする事は、自分自身の見方や価値観を大きく広げる事が可能です。

今の職場で働き続ける選択も決して間違いではありません。

しかし、あなたにとって、もっと適した働き方や、職場があるかもしれません。

それでもあなたは、今の病院で働き続けますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です